ふくらはぎの肉割れの原因は?ふくらはぎの肉割れ対処方法まとめ

1.肉割れができる原因は?そもそも肉割れはなぜ起こる?

https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/stretch-marks-on-legs-skin-isolated-1218461665
※肉割れはなぜできるのか、どういったときに起こりやすいのかを以下の見出しで適切に解説。
肉割れができやすいシチュエーションなどについても記述。

1-1.肉割れのメカニズム

https://www.shutterstock.com/ja/image-illustration/skin-anatomy-diagram-comparation-good-witch-222127231
※肉割れができるのは、皮膚の下の組織やコラーゲン繊維が成長や急激な変化に耐え切れず断裂してしまうことによるもの、さらに痩せていても起こるという事を解説。

1-2.肉割れが起こりやすいのはどんな時?

https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/marked-red-leg-disease-110356790
※気をつけなければならないシチュエーションは、急激な体型の変化。つまり妊娠や成長期、急に太ってしまうなどのときに起こりやすい。太っているからできるというだけでなく、痩せていても急に皮膚が引き延ばされるようなことがあればできる可能性はある。そのため、痩せている人でも肉割れに悩んでいる人はいる。

1-3.肉割れが起こりやすい部位は?

https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/womans-legs-beautiful-smooth-skin-beauty-309942557
※これまでの肉割れの原因を鑑みると、肉割れが起こりやすい場所は、急な体型変化や体重変化によって状態が変化しやすい場所。
例えば、急に成長したり激太りしたり、妊娠したとしても、かたや手首などはそれほどサイズ変化が無い。
しかしお尻やお腹、胸や太もも、そしてふくらはぎは急に太くなったり肉がつきやすい場所だといえる。だからこそ肉割れしやすい部位だといえる。
また女性の場合、とくに脂肪のつきやすい胸、お腹、お尻や足は要注意。

2.ふくらはぎに肉割れができやすいのはどうして?

https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/legs-thick-woman-varicose-veins-magnifying-1081378457
※ふくらはぎには肉割れになりやすい原因がいくつもある。ふくらはぎは、特に女性は肉割れしやすい場所として要注意の場所だと解説。原因は以下の通り。

2-1.ふくらはぎの肌のケアをほとんどしていないから

※ふくらはぎは肌ケアがほとんどされない部分だといえることを解説。顔やデコルテ、お腹や胸などはケアしている人もいるが、ふくらはぎを入念にケアすることは少ないという事を認識させる。

2-1-1.ふくらはぎの肌の乾燥に気が付かない

※ふくらはぎの肌が乾燥していると肉割れを起こしやすくなる。乾燥すると肌内部の繊維やコラーゲン、皮下組織の柔軟性が失われ、少しの事で断裂、肉割れになってしまう。
そういった極度の乾燥状態になってもあまり気が付かない人が多い。
皮脂腺が少なく乾燥しやすいという点も追記。

2-1-2.ふくらはぎはマッサージなどもほとんどされない

※自分の後ろ側の側面になるため、あまり手も届きにくい。そのためマッサージを入念にする機会も少なく、肌の柔軟性が他の部位に比べると少ない状態になっている。
そしてその状態が長く続いているため、肌表面は柔軟性が失われていることに気が付かないが、内部では組織が硬直してしまっている。

2-1-3.ふくらはぎは衣類や姿勢による摩擦、負担がかかりやすい

※ふくらはぎは特に衣類からの摩擦やダメージを受ける機会が多く、肌の損傷が気になる場所。タイトなジーンズをはいたりして座ると、ふくらはぎが締め付けられたり、組織が押しつぶされるという感覚を経験したこともあるはず。
さらに正座などでかなりの負荷がかかり、内部組織へのダメージも大きい。だから組織が断裂しやすくなる。
普段からそういった摩擦や負荷があることを気にしている人が少ない事を記述。

2-2.歩き方によってふくらはぎの肉割れを誘発していることも

https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/woman-legs-on-white-background-isolated-1267034035
※肉割れは、脂肪や筋肉の多い部分にできやすい傾向がある。
ふくらはぎも、脂肪や筋肉がつきやすい場所で、歩き方によって肉割れを作ってしまっている人もいる事を喚起。
ふくらはぎは全体重を支える役割を果たし、普段から大きな負担がかかっている。
ヒールの高い靴を履いて足全体で体重を支えることができない状況や、足のサイズに合っていない靴を履いていて歩き方が不自然になっている人は要注意。

2-3.足の変形によってふくらはぎの肉割れの原因を作ってしまっていることも

https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/woman-legs-on-background-stairs-advertising-642857764
※外反母趾や偏平足などで、足の筋肉に負担がかかり、ふくらはぎの肉割れの要因となっているケースもあることを記載。

3.ふくらはぎの肉割れ対処法は?ふくらはぎの肉割れを目立たなくする方法

https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/stretch-marks-on-legs-skin-isolated-1218461665
※ふくらはぎの肉割れはあきらめずに対処していくことで軽減できる、目立たなくすることもできれば、対処時期が早期であればなお良いという事を解説。

3-1.徹底したマッサージと保湿

※まだふくらはぎに肉割れができたばかりのときは、肉割れは赤みを帯びていたりピンクだったりする、時間が経つにつれて白くなってくる。
まだ赤かったりピンクだったりする時期に対処し始めれば、だいぶ軽減できることを記述。
まずは自分ですぐにでも始められるマッサージ、保湿を徹底する。
保湿には肉割れ専用クリームを推奨、マッサージは血行促進と皮下組織、真皮部分まで柔軟性を高められるよう、継続が大切。

3-2.肉割れの原因を取り除くことも重要

https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/fat-woman-lingerie-isolated-on-white-1081378460
※まずは肥満を解消する事、足に合った靴を履き歩き方に注意するなど、肉割れの原因となっているものを排除する努力もすることを喚起。

<h3>3-3.どうしても気になる場合には専門家や医療機関を受診</h3>
https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/doctor-makes-laser-correction-stretch-marks-1274353825
※どうしても軽減できない、自分では続かないという場合には、専門のクリニックでレーザーやフラッシュ治療を試みる。また医療機関を受診し、皮膚科などの専門医の意見を仰ぐ。

4.ファッションで上手く隠しながらケアを継続することが大切

https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/portrait-womans-feet-pantyhose-she-sitting-1393214948
※黒いストッキングなら目立たないので、肉割れを気にすることなくスカートなどのファッションを楽しめる。
肉割れを気にして外出しなかったり、どうでもいい服を着るのではなく、メンタルを前向きに維持するためにも、常に女性としてのおしゃれに気をつける事。
そうすることで、きれいになりたいという気持ちやモチベーションを維持でき、肉割れケアにも力が入る。

まとめ

ふくらはぎに肉割れができてしまうと、女性としての自信を失ってしまったり、コンプレックスを抱えて消極的になってしまうものです。

しかし、ふくらはぎの肉割れはケア次第で軽減していくことができます。

ダイエットやお洒落同様、あきらめない事、常に向上心を持って目的に挑んでいくことが大切です。