ダイエットで肉割れする原因は?肉割れしらずのダイエット方法

ダイエットで肉割れが起こるメカニズム

ダイエットと肉割れのリスクは隣り合わせ。
これからダイエットをしようと思っている方は、肉割れが起きる可能性も念頭に入れておく必要があります。

ではなぜ、ダイエットをすると肉割れが起きることがあるのでしょうか。
そのメカニズムを解説します。

まず、皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3層からできています。
真皮と皮下組織は表皮に比べて伸びにくく、急に引き伸ばされると断裂ができてしまいます。その断裂に表皮がひっぱり込まれることで、凹凸ができ、赤紫や白色の線として現れます。これが肉割れと呼ばれる現象。

このメカニズムをふまえた上で、ダイエットによる肉割れの主な原因をみてみましょう。

・急激に体重が増えたり減ったりして、皮膚内部の質量が変化し、断裂が生じること。

・真皮や皮下組織の柔軟性が失われていること。

・ダイエットによる代謝不足で、真皮のコラーゲンや弾力性が低下していること。

これらが主な肉割れの原因です。
もちろん、この中のひとつだけの原因により肉割れが生じるわけではなく、いくつかの要因が重なり合って肉割れができてしまうのです。

ダイエット引き金となる肉割れの原因

次に、ダイエットが引き金となる肉割れの原因を解説していきます。

ダイエットといってもその状況はさまざま。

ダイエットしたから必ず肉割れができるということではなく、ダイエットやその後のリバウンドなどで急に太ったり、痩せたりすることで肌内部に大きな負担をかけてしまうことが問題なのです。

ダイエットで急激に肌がたるんだことによる肉割れ

過度なダイエットをして肌内部の脂肪が一気になくなると急激に肌がたるんでしまいます。

ダイエットに成功したのはいいものの、皮がたるんで余っている人を、ダイエット番組などで見たことがある方もいるのではないでしょうか。

そのように急に肌がたるむと、内部の組織が表皮に追いつかず、しわがよった状態になり、断裂が生じてしまいます。それが肉割れとして現れることになるのです。

ダイエット後のリバウンドで急激に太ったことによる肉割れ

一旦ダイエットに成功はしたものの、その後リバウンドしてしまう人も多いです。

リバウンドは、ダイエットで痩せていくときよりも急激な速度で太っていきます。その劇的な体型変化に真皮や皮下組織が追いつかず肉割れが起きてしまうのです。

日本人の6割がダイエット後に陥ってしまうというリバウンド。かなり多くのダイエット経験者がリバウンドしているといえます。

ダイエットとリバウンドを繰り返すと、痩せにくく太りやすい身体になってしまい、肉割れにも健康にも悪影響。
ダイエットをするなら、そのあとのリバウンドのリスクも視野に入れて実践する必要があるといえます。

ダイエットで栄養不足と血行不良に陥ることによる肉割れ

誤ったダイエットをして急に痩せてしまうと、肉割れができやすくなります。

誤ったダイエットとは、食べないダイエットなどの不健康なダイエットのこと。

特に食べないダイエットをすると肉割れが顕著に現れます。
食べる量が少ないと、身体だけでなく皮膚も栄養不足に陥り、代謝が衰えて血行不良になります。さらに肌の内部組織の弾力が失われ、肉割れが起きやすい状態になってしまうからです。

食べる量を減らすことで体重も減り、一見痩せたように感じられますが、肉割れには逆効果。無理なダイエットは禁物です。

ダイエットで肉割れしないためのコツとは?肉割れしないダイエットの方法

ダイエットをするときは、どんなダイエットであれ、はじめから肉割れ対策をする必要があります。そのうえで健康的なダイエットをして、よりきれいな身体を目指しましょう。

しっかり肌ケアしてダイエット中も肉割れしにくい肌を作る

まずはダイエット中もしっかりと肌ケアを実践することが大切です。保湿などの肌ケアをすることで、皮膚が伸びても断裂に耐えれるような柔軟な肌を手に入れることができます。

ダイエット中の徹底した肌ケアにより、ダイエット成功後にはきれいな身体だけでなく、美しい肌も手に入れることができるはず。
そのためには毎日ケアをすることが重要です。しかし闇雲にケアしても効果はあまり上がらないかもしれません。

では、どのように肌ケアをすれば効果があるのでしょうか。ひとつずつ解説していきます。

マッサージで肌の柔軟性をアップ

マッサージは手軽にできる柔軟性アップの方法です。手でも効果はありますが、マッサージアイテムを使ってみてもよいでしょう。

特に太ももやお腹、二の腕などは脂肪がつきやすいところなので、マッサージをして脂肪をほぐしましょう。
しかしマッサージもあまり力を入れすぎると肌内部の組織が刺激されすぎて、断裂が生じてしまうことがあります。すでに肉割れができてしまった方は、さらに肉割れを増やすことになりかねません。
逆効果にならないよう、撫でるように優しくマッサージすることが大切です。

マッサージなら簡単にできるので、今すぐにでも始めましょう。

肉割れ専用クリームを使う

肉割れ専用のクリームを使ってマッサージをすれば、ただマッサージするよりも高い効果が期待できます。

専用クリームは、普通のクリームよりも保水・保湿成分に優れていて、肌内部の柔軟性、弾力を高めてくれます。

できてしまった肉割れは、放っておいても薄くなりますが、肉割れ専用クリームを使うことでより早く目立たなくすることができるでしょう。

肉割れ専用クリームは、妊娠線クリームでも同じ効果が期待できます。妊娠線は妊娠中にできる肉割れです。呼称が違うだけで、肉割れであることには変わりません。

保湿して肌に常に潤いを与えておく

乾燥は肉割れの大敵です。極端なダイエットをして食生活が偏ると、肌内部にも栄養が行き届きません。

肌内部の真皮には、コラーゲンというたんぱく質が7割も含まれています。コラーゲンは、肌の弾力やハリを保ってくれる重要な物質です。ダイエットにより食生活が偏ると、このコラーゲンを体内で作り出すことができないため、肌の柔軟性が低下してしまうのです。

ダイエットしつつも、栄養バランスも意識した食生活を送りましょう。食べないダイエットはもってのほかです。
健康的な食生活を送りながら、全身の肌ケアも継続することが肉割れ予防につながります。

古い角質を取り除いて肌の再生化を促す

肌が乾燥していると、古い角質が溜まってしまうことがあります。そうなると肌代謝も衰え、肉割れのリスクだけでなく、ごわつきやニキビなどの肌荒れにもつながってしまうことに。

そもそも肌は約6週間のサイクルで新しいものに絶えず入れ替わっています。
まず、表皮の一番下にある基底層から新しい細胞が作られ、それが押し上げられることで肌の表面に登場。そのあと古い角質や垢として自然に剥がれ落ちて、また新しい細胞に入れ替わります。

この繰り返しが肌のターンオーバーよばれている、肌の代謝のメカニズムです。
肌のターンオーバーが正常に働かないと、古い角質が剥がれず、肌の表面に溜まってしまいます。

肌のターンオーバーが衰える原因としてあげられるのが乾燥やビタミン不足。
乾燥した肌だと細胞も不健康になり、本来なら剥がれ落ちるべき角質が肌表面に残ってしまいます。それがどんどん溜まり、肌のターンオーバーが衰えることに。

それを防ぐためには、時々ピーリングなどをして古い角質を除去することが有効な手段といえるでしょう。
また、不健康なダイエットをしているとビタミン不足にもなることもあります。サプリメントなども取り入れながら、栄養バランスのよい食事をとることで、ビタミン不足は解消されます。

栄養はしっかりと食べて摂りエネルギーを抑えるようにする

炭水化物を抜いたり、ある食材しか食べなかったりするダイエット゚など、さまざまなダイエットが流行っていますよね。

しかしそれらは短期的には効果があっても、長い目で見れば効果がないかもしれません。極端にやりすぎると健康にも影響を与えてしまうことがあります。

さまざまなダイエット法に惑わされず、栄養バランスを考えた食事を摂ることが大切です。

食事の量を減らしたり、抜いたりすることは、痩せにくい身体になるだけでなく、肌の健康を害することにもなるので逆効果。結果として肉割れしやすい環境を自ら作り出してしまっていることになるのです。

体重はゆっくりと落とす

何度も述べていることですが、無理なダイエットは言語道断。

きちんとした食事を摂っていれば、急激に体重が落ちることはないはずで、体重をゆっくりと落としていけば、皮膚組織にダメージを与えずに済みます。

ゆっくりと体重を落とすためには、食事を減らすよりも運動に目を向けたダイエットにシフトしましょう。
しかし、過度な筋トレにより肉割れが生じることもあるので、運動の内容、仕方にも注意が必要です。

どちらにせよ皮膚組織に急激な変化を与えないダイエットが望ましく、運動も食事制限も無理のない範囲で行うことが重要です。

ダイエットで肉割れしてしまった肌を何とかしたい!できてしまった肉割れセルフ改善法

肉割れは真皮や皮下組織の断裂なので、一度肉割れしてしまうと、完全に元通りになることはありません。

治らないという事実は、すでに肉割れができてしまった方にとってはショックなことですよね。
しかし、元通りにはできませんが、かなり目立たなくすることは可能です。

あきらめずに、まずは肉割れ改善法を試していきましょう。

すぐに肉割れ専用クリームを使い始める

肉割れに気づいたら、すぐに肉割れ専用クリームを使い始めましょう。肉割れケアは早期発見、早期ケア開始が鉄則です。

肉割れはできはじめは赤紫色をしているので、見えにくい部位でなければすぐに発見できるはず。

見つけたらすぐに専用クリームを使ってケアをしましょう。放っておくよりも速いスピードで目立たなくすることができるかもしれません。

コラーゲンやビタミンCを多く摂取し肌のターンオーバーを促進する

先ほども述べたように、真皮にたくさん含まれており、肌の弾力を維持しているのはコラーゲンです。コラーゲンは体内でつくりだすことが可能で、そのためにはビタミンCが必要です。

また、肌のターンオーバーにはビタミンAやビタミンB群が関係しています。

このように、肌の代謝や弾力を維持するにはビタミン類やコラーゲンが重要で、これらが含まれる野菜や果物、肉類を積極的に食事に取り入れることが大切です。

とはいえ、ビタミンはさまざまな食品に含まれていて、いちいちビタミンの種類まで考えて食事を準備するのは現実的ではありません。

まずは、主食、主菜、副菜、乳製品、果物を含んだ食事を心がけましょう。
主食はごはん・パン、主菜は肉・魚・大豆製品、副菜は野菜・芋などの食品が挙げられます。バランスの良い食事がビタミン摂取にもつながります。
また、食品からは摂りにくいビタミンもあるので、サプリメントを摂取することも効果的です。

専門家に依頼するのもダイエット肉割れ解消の近道

セルフケアをしても改善が見られない場合は、美容皮膚科で治療してもらうという方法もあります。
医療的な処置を施しても、完全に元通りというわけにはいきませんが、かなり薄く、目立たなくはなるでしょう。
レーザー治療やガス治療、ダーマ―ローラーなどいくつか治療法もあり、ダウンタイムがほとんどない治療もあります。

しかし自費診療なので、費用も高め。どうしても気になる方は、専門医に相談してみましょう。

まとめ

美しくなるためのダイエット、しかしそこには肉割れという恐ろしい肌トラブルが潜んでいることを忘れてはいけません。
綺麗にスリムになりたいなら、肉割れしない肌を保ちながらダイエットするのがおすすめです。